2010年12月18日土曜日

「サラマンダー」を観る

ミッドナイトアートシアターで、「サラマンダー」を観る。


予備知識なし、期待なしで、ほぼ偶然に近い感じで観たんですが、ちょっと想像と違ってたのがいい意味で裏切られて、という作品。

舞台は、近未来、ですね。
いわゆる“ドラゴン”が地上を支配していて、という、まぁ、「マッドマックス」とかに実は近い世界観だったりするんですが、要するに、「剣と魔法の~」というファンタジー系のアレではない、と。

「サラマンダー」は、その“ドラゴン”を指したタイトルなワケですが、俺はてっきり、そっちのファンタジー系の作品かと思ってたら、どうやらそうじゃない、と。
近未来。


で。

その世界観の設定は面白いと思ったんですが、例えば、主人公が“剣”とか振るってくれたらよかったのにな、と。
実際は、ライフルとか、もっぱらそういう武器しか登場してこないんで。


「剣とライフル」なら、これは、「ファイナルファンタジー」じゃないですけど、もっともっと面白くなったのになぁ、と。


この「もっと面白くなったのに」っていうのが、実は作品全体に対する感想だったりして。

まず挙げられるのが、この、“剣”について。
せっかく主人公が馬とか乗ってるんだから、と。
デカい斧は武器として登場してくるんで、ここで“剣”が出てくれば、かなりカッコよくなって、観てる側のテンションももっと上がったんじゃないかなぁ、と。

もう一つが、ドラゴンの造形。
当然CGで作られたドラゴンが動くワケですけど、このドラゴンの“顔”がイマイチ。
どうもねー。

これって、“この手”の作品に結構ありがち、というか、西洋の人が思う“禍々しさ”ってこういう顔なんだな、ということを思わせる、というか。
爬虫類に似せて造形しないんですよねぇ。なぜか。
“人”に似せて作っちゃう。


もっとクールなドラゴンの造形にすれば良かったのになぁ、と。


いわゆる“ラスボス”ってのがいて、要するに、そいつを倒して終わり、なワケですけど、そのラスボスの造型がイマイチ、と。


あと、そのラスボスとの戦闘が、あまり盛り上がらない。
これは完全にシナリオ面での失敗なんだけど、「最初の作戦どおりに倒す」という流れで、ここも実は最初の「剣があれば!」というのにつながるんだけど、要するに、戦闘のシークエンスで盛り上がるワケですよ。
剣を構えれば。

そこがね!


惜しい!


ホントに惜しい。


舞台は、「近未来のロンドン」で、主人公はイギリス人。
で、アメリカ人の軍人、という脇役が出てきて、彼らは戦車とか戦闘ヘリとかを持ってる。
だけど、そういう現代兵器が、ドラゴン(サラマンダー)の口から吐く火焔に全部やられちゃって、というストーリーの流れなんですけど、そこまで“フリ”を溜めておきながら、最後も“火薬”に頼っちゃう、という、ね。


剣でしょ!


斧でもいいけど!



肉弾戦じゃないの!


そんな、斜に構えてカッコつけるような作品じゃないじゃん!



と、思いました。


登場人物たちのキャラ立ちとか、すごい上手で、最初は悪漢って感じのアメリカ人軍人の“謝り方”も凄いイイ感じで、そういうトコは上手なクセに、大事な「いかにテンションを挙げるか」ってトコで、どうも詰めが甘い、というか。
なんか、「新しいトコ狙いすぎ」?


そうじゃねーだろ、と。


ラストは、“刃物”でラスボスの首をぶった切って終わるんだよ。
そういうモンでしょうが、と。



なんか、CGもそうなんですが、セットとかすげーカネかかってるんですよねぇ。
最初の、人間たちが隠れ住んでいる砦のセットとか、もの凄い凝ってて雰囲気あったりして。
戦車もヘリも出てくるし。

あと、荒廃したロンドンの光景、とか、結構クールで。



ところがねー。


その、“肉体”の部分っていうか。
肉感的な部分の演出でイージーミス!
チョイスミス!



う~ん。


惜しい!



と、そういう作品でした。



あとねー。
最後の「フランス語」云々ってトコもな~。

アイスランド語とかロシア語にして欲しかったな。
せめてドイツ語。


フランスなんて、目と鼻の先だもんね。

そういうトコがね。
なんか、「カッコつけ過ぎ」って感じなんだよねー。


というワケで、非常に「惜しい!」作品でした。
でわ。


2010年12月14日火曜日

「クロッシング」を観た

新宿武蔵野館で、“隠れた”オールスターキャスト作品の、「クロッシング」を観た。

実は、この「クロッシング」は邦題で、原題は「ブルックリンズ・ファイネスト」。
この原題の言葉は、まぁ、慣用句というか、このまんまのタイトルのヒップホップのヒット曲があったりして、ざっくり意訳しちゃうと「ブルックリンで一番ヤバいヤツ」みたいな感じ。
で、この邦題は、やっぱ失敗ですよねぇ。
「交錯する」みたいな意味合いで「クロッシング」ってことだと思うんですけど、それならいっそ「クロス」とかにしておけば、「キリスト教」云々の部分も意味付けできなのにな、なんて。
だいたい、「交錯」しないんだよねぇ。
そこが「売り」じゃないのに、という、ね。


というワケで、いきなり原題にケチつけちゃいましたが、なんか、作品全体がなんかそんな感じ。
なんか「イマイチ」感がね、という。

いい作品なんだけど、と。なんか詰めが甘い感じ。


まず、リチャード・ギアがそれっぽく見えない。
仕事にくたびれた、そしてやる気がまったくない定年退職直前の制服警官を演じてるんですが、これがぜんぜんそう見えないんだよな〜。ぜんぜんくたびれてる感じに見えない。
「定年の退官を目前にした警官」というのは、この手のサスペンス/クライム・アクション系の作品には、かなり頻出するキャラクターなんですけど、まぁ、たとえば「セブン」のモーガン・フリーマンがそうなワケで。
(あちらは私服刑事で、こちらはパトロール警官、という違いはありますけど)

とりあえずそこの感じがねー。


オールスターでやるのはいいんだけど、と。
この違和感は、最後までわりと強かったりして。


イーサン・ホークは、信仰心(カトリック)からくる罪の意識と苦悩と自責に次第に追い込まれていく刑事を、かなり熱演してて、これはホントに「どうしようもない苦しみ」がビシビシ伝わってくる感じで。

話がそれますけど、そもそもキリスト教(特に、カトリック)は、「原罪」をまず人に背負わせておいて、という形で「信仰」に縛り付ける、みたいな構造で出来てるワケで(いや、あくまで俺の解釈では、ということです。念のため)、この「呵責の気持ち」の駆動力は、そうとういいです。

まぁ、イーサン・ホークが担うプロット部分は、全部いいです。ディテールも含めて。
特に子供たちとのやりとりは、セリフとか最高。

で。
もう一人の主人公が、名手、ドン・チードル。
この作品では、ちょっと珍しく、タフな役柄を演じてるんですが、その、「ちょっと珍しく」の部分がとても効果的な、素晴らしいキャスティングで、「タフなギャングを装って潜入捜査をしている刑事」の「表の顔」でも「裏の顔」でも、まぁ、完璧な感じ。
あいかわらず素晴らしいですね。
さすが、俺たちのチードル。裏切りません。

ちなみに、ドン・チードルの相方役が、ウェズリー・スナイプス。このキャスティングは、ちょっとわざとらしい感じがしますが(あんまり新鮮味がない、というか、ね)、まぁ、こちらも相変わらずの存在感でした。

それから、リチャード・ギア。
こちらは、くたびれた制服警官で、こちらのプロットは、「惰性」とか「人生と生活」(どちらも、ライフ)に膿み疲れた「惰性」を駆動力にストーリーがドライブしていく。

まぁ、シナリオとかホントに素晴らしいと思うんですよねぇ。
くたびれた制服警官の、犯罪現場(拉致誘拐・人身売買)への伏線の張り方とか、見事だと思うし。

ドン・チードルの、「裏の顔」の苦悩が徐々にギャングとしての「表の顔」に表出してくる感じとか、捜査機関同士の対立とか内部のいざこざとかも、限られた条件でも(というか、会話のせりふだけで)きちんと描けてたりして、ホントに巧いと思うし。

ただ、その、複数のラインで進んでいくそれぞれのストーリーを、そもそも複数のラインで語る必要があるのか、と。
そこが弱い。
もっと絡み合えばいいのになぁ、と。
直接的に登場人物同士が関係し合う、というだけじゃなくって、ストーリー構造の要素同士が反響し合う、という形でもいいと思うんですけど。(でも、そっちの方が難しいのか・・・)

とにかく、そこが、と。


三人の男が、善意と悪意と自己愛と、そして、大きな社会の仕組みに、だんだんと押し潰されていく。
そこのストーリーの運びは最高なんだけど、と。

三つのストーリーラインが互いに響き合っていない、というトコと、リチャード・ギアがなんだか浮いちゃっているトコ。この二つ。
ストーリーは面白いんだけどね。練ってあるし。
ただ、どうせ練るなら、あと、せっかくオールスターキャストで撮るなら、と。
スター同士のぶつかり合いだってみたいワケですから。

と、シナリオ面では、そんな感じ。



映像は、ストーリーの重い空気感に合った、しっかりとしたタッチ。
この、映像の空気感とストーリーの重さが一致している、というのは、この監督のひとつのウリなんだと思います。
個人的には、こういう雰囲気の画は大好きなので、ポイント高いです。

ちょっと、編集の間が独特で、たまに「え?」みたいな瞬間があるんですけど、まぁ、あまり大事なポイントではないっスね。
舞台となるブルックリンの雰囲気を殺さない画はホントに上手で、特に、黒塗りの高級車を撮るショットなんかは最高にクール。
あと、プロジェクト(団地)の空撮のショットも最高でした。



だからねー。
惜しむらくは、と。

だから、よくよく考えると、もうほぼ完璧な作品なワケですよねぇ。
だけど、と。
なんかちょっとだけ詰めが甘くて、そのちょっとしたポイントのせいでなんか印象がぼんやりしちゃう、という。

もったいない!


と。
なんか、個人的にもの凄い期待値が高かった分、消化不良を抱えながら映画館を出た、という作品でした。
でわ。



2010年12月12日日曜日

言葉の鋭さ

ちょっと映画とは関係ないことですが、というより、そもそもこのブログの主旨からはちょっと外れる感じなんですが、今日はそういうトピック。

ノーベル平和賞を受賞した、中国の劉暁波さん。

授賞式での、あの「空席」の映像もインパクトがありましたが、新聞に、彼のこんな言葉が紹介されていました。
中国国内に"留まり”ながら活動し、結果的に「投獄」「軟禁」や「尋問」(あるいは「拷問」)といった弾圧を実際に受けている劉氏に対して、他の多くの活動家は、天安門事件以降、国外で活動する道を選んでいます。
その劉氏が、国外で活動するある仲間に向けて書いた手紙には、こう書かれていたそうです。


渡米してからのあなたの文章には鋭さが失われた。
中国で政治的圧力と身の危険を感じていれば、どんな不明瞭な文章も迫力あるものになる。自由な暮らしが、あなたの目標を虚構にしてしまった。

私はもう揺るがない。あなたも中国に戻ってきたらどうか。



「ナチスの占領下にあったときほど、フランス人が"自由”だったことはない」と言ったのはサルトルでした。



紹介した劉氏の言葉は、とても短いテキストですが、まさにこのテキストに、ご自身が語るところの"迫力”が宿っているのでは、と思います。




政治的云々ということでの価値ももちろんそうですが、日本という場所で「自由な暮らし」を生きている俺にも、極私的にちょっと諸々考えさせてくれる言葉でもありました。

でわ。

2010年12月7日火曜日

巨匠<マエストロ>

昨日の新聞に、オーケストラの指揮者についての特集記事が載ってまして。
映画とは直接的には関係ない内容なんですが、興味深かったので、ここにアーカイブ。

指揮者はかつて、独裁者だった。強烈な個性で楽団を自在に操り、劇場の中央に君臨する姿は「マエストロ」の名に恥じなかった。しかし、グローバル時代の到来とともに、そのイメージは大きく変わりつつある。楽団員のやる気を保ち、スポンサーの接待も厭わない。

世界のオーケストラのレベルが近年飛躍的に上がり、演奏家の国際化も進んだ。様々な国籍の歌手、個性の強い演奏家、頑固な演出家、業種を問わないスポンサーたちと接するようになった指揮者には、それぞれの立場を見極め、思惑の間をすり抜けつつ、自らの意志を貫く術が、これまで以上に求められるようになった。
現代のマエストロは忙しい。命令ではなく、こまやかな気配りを身上にする。その姿は、芸術家でありつつも、企業人と何ら変わらない。

指揮者の本質は、かつて「独裁」だった。その命令は絶対。ミスをしたソリスト、不平を言う楽団員が即座に解雇されることもあった。第二次世界大戦前夜、ベルリン・フィルを率いたフルトヴェングラーの背中に、ヒトラーはひそかに自らの理想を重ねたほどだ。
しかし、現代の指揮者たちは概して腰が低く、謙虚な印象を与える。

変人と紙一重の強烈な個性を放つ指揮者は今、随分減った。世界の楽団の技術レベルが向上、楽団側の意向を指揮者も無視できなくなったせいもある。
指揮者が世界中を飛び回るようになり、相手にするのも慣れ親しんだ自分の楽団ばかりでなくなった。楽団員らは初対面の相手に対し、まずその実力を値踏みする。
この指揮者はいったいどんな指示を出すのか、どれくらい深く音楽を解釈しているか、自分たちのミスにどれくらい気づくかーー。さまざまな視線に指揮者はさらされる。


まぁ、かつては“マエストロ”と呼ばれ、“独裁者”であることが許されていた「指揮者」というポジションが、いま現在ではどうもそうではない、と。
記事としては、読者層に引きつけて、「普通のビジネスマンと変わらない」という部分を書きたい、ということのようですが。


フランス国立リヨン歌劇場首席指揮者の、大野和士さん。
こんな感じなんだそうです。
劇場は、歌手、演出家、照明に衣装と、職種のるつぼ。それぞれの主張が正当であればあるほど関係にヒビも入る。トラブルを避けるには、コミュニケーションの基本である語学力が不可欠だ。
「賭博師」のキャストの国籍も米仏伊と多彩で、オペラはロシア語だった。英独仏伊語に堪能でロシア語も解する大野は、それぞれの歌手の母語で指示を出していく。
突然、欠席していた女性歌手のパートを大野がロシア語で大まじめに歌い出した。その怪しげな高音に歌手たちは思わず噴き出し、練習が中断。
こんな何気ない一幕も雰囲気を和ませ、チームワークの源となっていたようだ。


ユーモア、ですね。
というか、まぁ、“人間性”をさらけだせ、と。
そんな感じでしょうか。


ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団芸術監督、パーヴォ・ヤルヴィさん。
彼は本番後、コミュニケーションを図ろうとしばしば楽団員とともに食事をし、ワインを飲む。
舌の回りが良くなると、自然と反省会に。
「指揮者の奴隷ではなく、皆が演奏に責任を持っている、という感覚を持ってもらうためにも皆に発言の機会を与えることが大切。私はメンバーの一人に過ぎない」。
独裁者型の指揮者のやり方には「恐怖には、人は一時的にしか従わない」と否定的だ。


コミュニケーション。
あと、「指揮者の奴隷ではない」と。

イタリア出身で、ウィーン交響楽団首席指揮者のファビオ・ルイジさん。
「楽団の個性や思惑を探り、相手の心理を読む能力が、指揮者には求められる」。
「指揮者は心理学者です」
また、指揮者に欠かせないのは、不満や挑発を聞き流す「平常心」だという。すべてをスピーディーに決定していかねばならないからこそ「イエス」も「ノー」も涼しい顔で。
「怒ったって何も解決しないことの方が多いですからね」


単なるコミュニケーションではダメだ、と。全部をいちいち聞いていてはどうにもならないワケで。



指揮者とは違う立場でオーケストラを率いる人たち。
つまり、経営者たち、ですね。
オーケストラが所属する、劇場の経営者。

チューリヒ歌劇場総裁の、アレクサンダー・ペレイラさんの話。
彼は、1100席の小さな歌劇場の経営を黒字転換させた経営者だ。
20〜30代の頃、イタリアのタイプライター会社で営業の仕事をしながら、オペラ歌手を目指して勤務地のドイツで声楽を学び、同時にコンサートの企画運営も手がけた。歌手の道をあきらめ、ウィーン交響楽団の本拠地ウィーン・コンツェルトハウスの事務局長に招かれた時、気づいたという。
「私は芸術を理解し、お金の集め方も知っている。バラバラだと思っていた経験がこの仕事で一つに重なった
ペレイラの持論は「しばしば、10%多くのお金をかけると15%さらに素晴らしいものができる」。
音楽の現場で経営を知ることの利点を、ペレイラはこう説明する。
ファイナンスを理解していると冒険ができる。リスクをどうやりくりすればいいか解らないと、小さくまとまって何もできない」。
「劇場が生き残れるかどうかは、経営者がいかにお金を作れるかにかかっている」
仕事で最も優先すべきことは何か。答えは明快だ。
「もちろん、アーティストに仕えることです」


ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスのチーフエグゼクティブ(社長)のトニー・ホールさん。
「芸術監督がステージに集中できるようにするのが私の仕事。お金が回らないと、芸術もおかしな方向にいってしまうからね」。
「私は四つの皿を同時に回す皿回しのようなもの」。
四つの皿とは収入源である国の助成金、チケット収入、寄付金、事業収入のこと。
うまい皿回しの効果は数字に表れた。就任前に総収入の40%を占めていた助成金はいま25%、逆に寄付など資金調達は3.4倍の約30億円に増えた。

世界的な経済恐慌の中で、まぁ、アート関係に対する助成金というのは、当然削られていく流れにあるワケで、その中で「芸術監督がステージに集中できるようにする」には、優れた“経営者”が必要なんだ、と。
いわゆる事業収入(チケット販売以外の、劇場が自分が稼いだ収入。要するに物販とか)と、寄付。

しかも「アーティストに仕えることです」と明快に言い切る潔さ。



まぁ、遥かハプスブルグ家の昔から、芸術は「カネを持っている人」に保護されてきたワケで、今はそれは、“貴族”ではなく、広く“市民”なワケですからね。
“市民”という現代の「アートのオーナー」から、広く薄くカネを集めてくることこそが、経営者である彼らビジネスマンの、アートへの奉仕のやり方なワケで。



指揮者の話も含めて、面白い記事でした。
でわ。